陽性1.png
陽性2.png
 

新型コロナウイルスについて

<症状>

 判明しているだけで100種類以上の症状があり、症状からの判断は困難です。

 症状の中では発熱倦怠感味覚障害などが多く、「かぜ」とは区別できません。 

<診断・検査>

 現状で最も信頼できるのはPCR検査です。

 抗原検査は精度が悪く、結果が出てもその後PCR検査が必要となります。

 検査が必要であると判断された場合は、公費負担にて行います。

 (PCR検査料はかからず、医院での窓口負担は概ね3000円程度となります。)

<濃厚接触>

 オミクロン株においては、最終接触から8日目に療養解除となります。

 同様に無症候発症者についても検査日から8日目に療養解除の方針となっております。

 エッセンシャルワーカーは4日目+5日目の検査が陰性であれば5日目に待機解除となります。